「フラーガン」の原料の亜麻仁油とは?

トップ > 「フラーガン」の原料の亜麻仁油とは?

亜麻仁油に含まれるα-リノレン酸(オメガ3)とは?OMEGA 3

凄いFlaxseedOil(亜麻仁油)の機能性

弊社の亜麻仁油は、100g中 55.7g という多くのα-リノレン酸が含まれています。このα-リノレン酸はn-3系(オメガ3)脂肪酸のひとつで体内でDHA・EPAに変化します。
n-3系(オメガ3)脂肪酸は動脈硬化の予防、アレルギー予防、免疫機能の改善などにかかわるヒトにとって重要な脂肪酸ですが、体内では作ることのできない必須脂肪酸のひとつです。

必須脂肪酸(オメガ3)の重要性

油には多くの種類があります。
欧米化の進む食生活の中では、悪い油の摂取が増えています。
一方で体内では合成出来ない必須脂肪酸のオメガ3摂取しなければならない良い油です。

つまり、良い油を積極的に摂り、
そのバランス(比率)を整えなければならないのです。

オメガ6体質にストップ!

現代人は食環境が欧米化しオメガ6の過剰摂取が指摘されています。(厚生労働省)
「オメガ3:オメガ6」の摂取比率は「1:4」が良いといわれていますが、最近の食生活から
オメガ6(リノール酸)の摂取がダントツで多くなり、1:40に及ぶ場合もあります。
2つの必須脂肪酸は体内で全く正反対の働きをしますのでオメガ3を積極的に摂取しバランスを整えなければいけません。

厚生労働省の発行する「日本人の食事摂取基準(2010年版)」では、n-3系(オメガ3)脂肪酸の摂取目安量を2.2g以上摂取するように奨めています。
そこで亜麻仁油のようにn-3系(オメガ3)脂肪酸のひとつであるα-リノレン酸を多く含む食材を効果的に積極的に摂ることが重要です。このα-リノレン酸は一部が体内で、脳細胞に多く含まれるDHAなどに変換されます。

原料へのこだわりINGREDIENT

栽培環境

酸性雨やその他の環境汚染のないオーストラリアの人口300人に満たないカンガルーやワラビ―の他、野生動物の宝庫で育った亜麻仁油です。

栽培地域

生産地はメルボルンから北西に167キロ離れた地域で、有害物質を排出する製造工場がほとんどない、広大で自然豊かな土地で育った亜麻仁種子です。

オーガニック品
家族経営

4世代に渡るファミリー企業ですが、コールドプレスの油料種子製品の新鮮で純度の高い商品を作る市場のリーダ-です。特にオーガニック農法のリーダーでもあり、健康な農園で健康な食品を作るのをモットーにしております。

フラーガンについて

ご購入はこちらから